超簡単ビブラートの練習法

この記事は約2分で読めます。

カラオケ講師が教えるカラオケ上達のコツ

ビブラートって、できたらカッコよくないですか??
出来るようになると歌っていて超気持ち良いです!

ビブラートができる人=歌が上手い人
という印象を持っている方、多いと思います。

実際、「歌が物凄い上手いけどビブラートができない」という歌手はいないと思います。

歌が上手い人は、ビブラートの波を曲によって使い分けているので
ビブラートが出来なくてお悩みの方はたくさんの歌い手の歌を聞きわけて、是非色んな種類のビブラートがあることを知ってください!
例えば、宇多田ヒカルと和田アキ子ではビブラートの音程や、波の大きさが全然違いますよ!

さてさて、
「じゃあどうやったらビブラートをかけられるようになるのか?」
ですが、

ぶっちゃけ、このビブラートというテクニック、全然難しくありません。

ホントに笑

実際、僕が軽くコツを教えただけですぐに出来るようになった人、たくさんいます。

練習法は、
・鍵盤(ピアノでもキーボードでもスマホアプリでも可)の前に座って、連続で半音ずつ(ドだったらドレbドレb、、、)鳴らしてみて、それに合わせて歌う。ゆっくり出来るようになったらドンドンテンポを上げていく。

・裏声でテキトーで良いので、「あぁあぁあぁ~」と声を揺らしてみる。
それでも難しかったら、身体ごと揺らして感覚を掴む。

・演歌を練習する←僕は小さい頃これで出来るようになりました笑

裏声で練習する理由は、
喉にチカラが入っていると、ビブラートをかけることができないため、
チカラの抜けやすい裏声でまずは練習した方が良いからです。
特に男性は効果的ですね。

是非試してみてください!

新宿区、渋谷区、調布市カラオケ教室
発声に特化したレッスン、曲を通して歌う上でのアドバイス、などコミュニケーションを取りながら順次進めていきたいと思います。。調布市カラオケ教室、カラオケレッスン。まずはカウンセリングから開始します「どのような曲やジャンルが歌いたいのか」「大きい声が出したい、高い声や低い声が出したい」「人前で堂々と歌うにはどうしたら良いのか」 などなど、どんな質問も承ります。
タイトルとURLをコピーしました