カラオケ上達のコツ(原曲キー)

この記事は約2分で読めます。

カラオケの原曲キーで歌えない

「あの歌手と同じキーで歌ったぞ!」

キーがものすごく高い曲を、原曲キーのまま歌い切る
周りの友人も「すごい!」と絶賛します

しかし、歌が上手い(聞く側が気持ちよい)
とは、違いますよね

俺は声が低いから、原曲では歌えないんだよ、、
と、嘆く方もいらっしゃいますが

大丈夫です。

まったくもって原曲からかなり下げて歌われても
歌手の声質、テクニック、そっくりに歌う人は、たくさんいます。

まったく似つかない声で、原曲キーで歌い切るより
この歌手が、この曲をどう表現しているかを
しっかり細かく分析して、モノマネできるぐらいの歌唱で歌えば
周りの人も、カラオケが上手い!と思います。

どうか原曲キーに、こだわるのは止めましょう

高い、低い、大きい、小さい、長い、短い、
で、競い合うような気持ちは捨てて。

キーにこだわり過ぎて「キー!」って歌われると
聞いてる周りの方の迷惑にも・・・(笑)

ですのでスポーツ競技のような考えは捨てて
感動してもらえるような歌を目指しましょう♪

原曲キーは、その歌手に合わせたキーです。
もし、違う歌手が歌えば、違うキーになっています

ですので「原曲キー」にごだわることと

カラオケを上手く歌うことは、少し考え方にづれがありますよね。

〜キーの設定、レコーディング現場にて〜

現場「少し明るい響きにしたいから、半音あげちゃっていい?」

歌手「え、、(今あげるのかい!)は、はい、いいですよ~」

現場「サビとかキツくなるけど、頑張って歌ってね」

歌手「あ、、はぁ~い・・」

と、このような流れでキーが決まったりもしますので

カラオケの原曲キーにこだわるより
現場の人が言ってた「少し明るい響きにしたい」

この部分を、あなたの声で、あなたのキーで、反映させましょう。

この現場の人の意図を読み取るのは、予想でしかないのですが

自分なりの解釈でもいいです。

ただただ原曲キーにこだわるより
曲の意味を感じ取ることが大事です。

原曲キーで歌えなくていいんです♪

楽曲のカラーを理解することです。

カラオケをうまく聞かせる為の考え方が

カラオケ上達のコツでもあります。

カラオケ体験レッスンのご案内
カラオケ体験レッスンのご案内。個人、ご友人2人ご一緒でもOKです♪体験レッスンは1時間、料金1,000円とお試し価格です!カラオケルームでカラオケ講師、ボイストレナーがカラオケ店へ出張レッスンに出向いてくれます。
タイトルとURLをコピーしました